×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

植木ガーデニングのポイント@

植木ガーデニングのポイントを紹介します。まず一番植木ガーデニングで重要なポイントは、どんな風にしたいのか目的をはっきりさせることです。植木ガーデニングには、和風・洋風・アジア風など様々なスタイルがあり、そのスタイルと自分の目的を合わせて、考えやイメージをハッキリとしたものにします。次にメンテナンスをしやすくすることです。植木ガーデニングでは、確実に雑草が生えてきてしまいます。この雑草を取るのがめんどくさくなってしまって飽きてしまう人もたくさんいます。そこで雑草が生えにくい植木ガーデニングを考えます。一番効果的なのが、土の部分を少なくするのがありますが、土の部分を少なくしすぎてしまうと概観が損なわれてしまいます。そこでおすすめなのが、防草シートとグランドカバーです。防草シートは、ポリプロピレンという素材を細かく割いて織り込んだもので、空気や水は通すが、目が細かすぎるので雑草は生えてこれません。グランドカバーは、地面に覆う草のことで、草が地面全体を覆ってしまうので雑草が生えにくくなります。

植木ガーデニングのポイントA

植木ガーデニングのポイントを紹介します。「見る」「嗅ぐ」「聞く」「触る」「味わう」の五感を植木ガーデニングに取り入れます。「見る」では、花や植木に飛んできた鳥や蝶などを見ることでストレスを解消することが出来ます。「嗅ぐ」では、香りのある花や葉っぱ、ハーブなどを嗅ぐことでリラックスすることが出来ます。「聞く」では、水の流れる音や鳥のさえずり、葉っぱ同士がこすれる音などを聴くことで心を落ち着かせることが出来ます。「触る」では、花や葉っぱ、木の実、池の水、土などに触ることでくつろぎを感じストレスを解消することが出来ます。植木ガーデニングに一ヶ所の見せ場を作ります。見せ場を作ることによって今までとは一味も二味も違う植木ガーデニングに見えるようになります。洋風なら、花のアーチに囲まれたベンチやレンガ造りのテラスなどがあります。

植木ガーデニングの商品の紹介

植木ガーデニングの商品を紹介をします。『家庭用オーシーターフ』は、苗植えなどは不要で蒔いてから10日前後で芽を出します。特徴は、手触りの固い人工芝に比べて、柔らかい優しい手触りと葉のツヤの良いところです。また飛び石の周りや間、面倒な植え込みの間などにもキレイには生え揃うところです。『パサート社簡単土おこし機』は、6本の爪を土に差し込んで回すだけで固い地面や地中深くまで広がった雑草の根などを簡単に耕すことができ、除去することができます。『楽々穴掘りスパイラルボーラー』は、硬い土などでも簡単・楽々に掘ることができます。特徴は、掘っていくときに出てくる抵抗を最小限に抑えることができるブレードがついていて、土を掘るという感覚ではなく、土を切り裂いていくような感覚があるところです。

Copyright © 2008 植木ガーデニングの魅力